うつになる前に症状を把握【症状が軽いうちに原因究明と治療を】

うつになる前に症状を把握【症状が軽いうちに原因究明と治療を】

サイトメニュー

聴診器とハート

体質的なものも影響

うつ病の発症要因としてさまざまな仮説がありますが、治療の上で優先されているものがモノアミン仮説です。これは、神経伝達物質が関わっているというもので、さまざまな症状があらわれることや坑うつ剤の効果があるということにつながっていきます。

詳しく見る

女性

メカニズムと原因特定

うつ病の人は性格上、急な環境変化に弱い傾向にあります。その場を取り繕うことにもストレスを感じ、それが強くなると不眠などの症状を抱えるようになります。医師にかかることは決して恥ではありませんので、早急に受診することが大事です。

詳しく見る

女性

病態の多様化

うつ病の病態は幅広くなってきていますが、周囲の人々と苦悩を共有、共感することで防ぐことが可能です。また、発症した場合には、休養と薬物治療により症状が緩和されたら、カウンセリングにより根本的な解決を目指していきます。

詳しく見る

女性

長い目でみる

うつは誰でもかかる可能性がある病気ですが、回復のためには医療機関を受診して適切な治療を受ける必要があります。自分に合った良い病院を選べるように周りの人間の協力が必要です。症状が変わらないと感じたら病院を変えてみるのも一つの方法です。

詳しく見る

看護師

維持療法で安定

うつ病の治療は、症状がおさまればそこで終了というものではありません。安定し、エネルギー水準が戻るまでの間、維持療法を継続します。薬は有効な手段ですが、根本的な解決のためにはカウンセリングなど自分の過去と向き合うことも重要です。

詳しく見る

気づかぬうちに変化

男性

区別は難しい

理由もなく毎日が面白くないのに、だからといって何かやろうという積極的かつ前向きな気持ちが生まれてこないような症状がみられる場合、うつ病を疑ってみる必要があります。たとえば、いつもきちんとしていた部屋でも掃除をするのも鬱陶しくなり、休日はただ寝て過ごすだけになっている場合は黄色信号です。もし、気づけばゴミ屋敷まではいかないまでも、部屋が殺伐とした状態になりそれを片付ける気が起きない状態が続いているのなら非常に危険です。うつ病というのは、どんどん負のサイクルにはまっていくので、疲れたという理由から180度生活が変化してしまった自分を今度は責め始めます。しまいにはため息しかでなくなり、自分でも気づかぬうちに変わってしまっていることが多いです。そのため、こびりついた疲れが取れなくなります。ですが、仕事を休職したり有休を取ったりする気力さえもなくなってしまいます。似たようなことが自分に起きているようなら、うつと疑って病院へ行くことが大事です。症状が軽いうちに原因究明と治療をスタートさせる必要があります。うつ病は症状のあらわれ方、程度の大小や進行具合、改善ステップなど多くの観点から、いくつにも分類することができます。厳密に区別するのは難しいものですが、一般的にうつ病だといわれているのは、気分障害の一種である大うつ病で単極性タイプです。躁状態と組み合わさった双極性タイプもあります。また、比較的症状が軽いものを軽症タイプといい、新型もこの中に含まれます。ただし、新型の場合は、症状が軽いまま慢性化しやすいのが特徴です。加えて、抑うつの症状が2年以上続くものは気分変調症として扱われます。そして、気分の落ち込みといった精神症状よりも疲労感や胃腸の調子が悪いなどの身体的なものが出やすいものを仮面タイプといいます。ほかにもあり、日照不足が発症の原因や、ある季節のときだけ起こる一過性のものを季節性タイプ、出産後、2週間から4週間の間にマタニティブルーとは別に発症するものが産後タイプです。このように色々なタイプがありますが、原因で分類する要因別分類などもあります。

人気記事

聴診器とハート

体質的なものも影響

うつ病の発症要因としてさまざまな仮説がありますが、治療の上で優先されているものがモノアミン仮説です。これは、神経伝達物質が関わっているというもので、さまざまな症状があらわれることや坑うつ剤の効果があるということにつながっていきます。

詳しく見る

女性

メカニズムと原因特定

うつ病の人は性格上、急な環境変化に弱い傾向にあります。その場を取り繕うことにもストレスを感じ、それが強くなると不眠などの症状を抱えるようになります。医師にかかることは決して恥ではありませんので、早急に受診することが大事です。

詳しく見る

女性

病態の多様化

うつ病の病態は幅広くなってきていますが、周囲の人々と苦悩を共有、共感することで防ぐことが可能です。また、発症した場合には、休養と薬物治療により症状が緩和されたら、カウンセリングにより根本的な解決を目指していきます。

詳しく見る

女性

長い目でみる

うつは誰でもかかる可能性がある病気ですが、回復のためには医療機関を受診して適切な治療を受ける必要があります。自分に合った良い病院を選べるように周りの人間の協力が必要です。症状が変わらないと感じたら病院を変えてみるのも一つの方法です。

詳しく見る

Copyright© 2018 うつになる前に症状を把握【症状が軽いうちに原因究明と治療を】 All Rights Reserved.