うつになる前に症状を把握【症状が軽いうちに原因究明と治療を】

サイトメニュー

メカニズムと原因特定

女性

要注意のサイン

うつ病を発症しやすい人は、急な環境の変化への対応が苦手という傾向があります。会社員ならば、もたもたしているうちに遅れが重なり、仕事がどんどんたまっていきます。マイペースを取り戻すことができないまま、その場を取り繕おうとしがちです。しかし、その場しのぎを取り繕うことがもっとも苦手なタイプなため、どんどんストレスが募っていきます。その結果、不全感と不本意な成果が本人を圧迫し、責任感に苦しめながらさまざまなうつ病の症状に苦しめられてしてしまうわけです。また、誰かに弱音を吐いたりできない人もうつ病患者には多いです。症状や状況が過酷化しているのを本人は自覚しているものの、自責の念が強いため、他人に知られることを恥だと感じてしまいます。そのため、周囲は何かおかしいなと感じていても、危機的状況が迫っているというところまでは認識できていないので、本人は孤独と苦しさに苛まれることになります。うつ病は、本人にとっての過酷さと周囲の目に映った過酷さが、必ずしも一致しないため、発症要因を見つけるのに時間がかかる病気です。治療や再発防止には、何が原因かの特定がキーポイントになるため、恥だと考えずに医師にはあらいざらい話すことが大切になります。もともとうつ病になりやすい性格や環境を持ち合わせている人は、ストレスが積み重なる過程で、いろいろな症状が出てきます。うつ病の診断基準の項目の中には、睡眠というものがあります。睡眠は寝つきの悪さや早期覚醒というように状態で診断基準がわかれています。いずれにしてもうつ病の場合、単に寝つきが悪いという症状だけでなく、辛い事や心配事を抱えていて不安になっているのが特徴です。起きていても意欲が低下していることが多く、頭が重いなどの身体的症状を抱えていることも多いです。特に真夜中に起きてしまって、もう一度眠れない辛さや不安には注意が必要です。眠れないのに、誰にも相談することもできず、朝まで悶々と過ごしていると衝動的な行動に走りやすくなります。不安や焦りは強まるばかりなので、特に気をつけなければなりません。そして、寝つきが悪くなると、次の日のことを考え早く布団に入りがちですが、これも不安を増強しがちです。また、睡眠薬を早く飲みすぎても薬の効果は出にくくなります。薬を飲んだのにテレビを見ていると薬の効果は出にくくなるので、寝る準備が整ってから服用し布団に入るようにします。

Copyright© 2018 うつになる前に症状を把握【症状が軽いうちに原因究明と治療を】 All Rights Reserved.