長い目でみる|うつになる前に症状を把握【症状が軽いうちに原因究明と治療を】

うつになる前に症状を把握【症状が軽いうちに原因究明と治療を】

サイトメニュー

長い目でみる

女性

あせらないが鉄則

うつ病は心の風邪と表現されるほど近年では罹患率も高く、だれでもかかる可能性のある決して特別な病気ではありません。反面、風邪というから放っておけば良くなるなどと楽観視できるものではなく、できるだけ早く精神科を受診して治療を開始する必要があります。気分が落ち込んだりやる気がなかったりする抑うつ症状がメインで、それに加えて慢性的な疲労感や不眠などが多くみられます。悲観的な思考にとらわれ、自分は価値のない存在だといった感情から自殺願望を持ちやすいのがこの病気の恐ろしい点でもあります。治療方法は抗うつ剤を用いた薬物療法がメインになりますが、治療にあたりこの薬で症状をいかにコントロールしていくかというのがポイントとなります。治療の開始は出来るだけ初期の方が良いですし、自己判断で途中で服用を中止してしまうと症状を悪化させてしまう原因にもなります。正確な判断力を持てない状況になりやすい病気であるからこそ、薬の服用は本人任せにせず、家族が一緒に管理すると良いでしょう。うつ病は一度かかってしまうと自力での治療は難しいため、精神科か心療内科に受診して適切な治療を受ける必要があります。血液検査などで診断が出来る病気ではないため、まずは正しい診断を受けることが第一歩であり、数あるうつ病の治療薬の中から適切な種類や用量を選ぶことが回復への近道です。そのためには、優良な病院を選ぶという事が大切ですが、これは抑うつ症状がある本人には無理なことなので、周りの人間がしっかりとサポートしたいところです。良い病院を選ぶ方法としては、ありきたりですがまずは情報を集めるのが大切で、大きい病院なら安心という根拠のない考えは持たない方が賢明です。口コミ情報は有効な情報ですので、知っている人が勧めてくれる病院があるなら試してみる価値はあるでしょう。また、自分との相性もあるので、受診してみて病院に行くのに気が進まない、受診後には嫌な気持ちになる、症状が改善されないといった場合にはほかの病院をあたってみるのも一つの方法です。また、医師以外にもソーシャルワーカーなどが在中しているような病院も、多方面に相談できるという点では良いのではないでしょうか。

Copyright© 2018 うつになる前に症状を把握【症状が軽いうちに原因究明と治療を】 All Rights Reserved.